チェスト ほぞの確認

ほぞ穴とほぞができたので、今週の撮影では一箇所ずつほぞを入れて確認していきました。

横は框組になっていますが、通常よくある面落ちではなく内側をツラにしているので(縦框と横框がピッタリ合う構造)ここはきちんと合わせていきます。
ここをフラットにしておかなければ、スライドレールの取り付けに支障をきたすからです。

細かい修正をしながら、ほぞの確認ができました。

年内の撮影は今日で最終でした。
来年になりますが、次回は鏡板の構造をみていきます。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

チェストのほぞ加工

今週はチェストのほぞを加工しました。

ほとんどが四方胴付ですが、二枚ほぞのところもあります。
大きな作品なので、代表的なところを加工して撮影しています。

撮影や他の仕事の合間に、撮影していないところの加工をする坪倉先生。

「加工するところがたくさんある・・・」と言いながら頑張っておられました。


チェスト ほぞ穴の加工

今週はチェストのほぞ穴を加工しました。
角のみ盤で彫っていきます。

部材の幅方向と厚み方向のどちらにも穴をあけるので、
ミスをしないようにまずはほぞ穴が浅いものから始めます。

動画では匂いが伝わりませんが、角のみで穴をあける時には、
その木ならではの香りがただよいます。のこぎりの時よりも顕著なのは、やはりドリルを使うことで摩擦熱が発生するからでしょう。

多少、煙も出ていたような。。。

DIYからのステップアップ本格技術で家具作りが出来るようになる動画配信

サイドメニュー