さちこのおうち木工教室 額のステップアップ 「トリマー編5」

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN014
公開日2015年11月20日
再生時間30分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / トリマー / 額の作り方
キーワードトリマー / 裏板
おうち木工教室第14回。額づくりのステップアップ
今回はいよいよ裏板を入れるための溝を、トリマーを使って削ります。
今までは板をはることで溝を作っていましたが、これで本格的な額が完成です。
前回学んだ装飾のための段欠きとは違い、精度が求められるこの加工。ぜひチャレンジしてみてください。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
トリマーを使って【裏板やアクリル板をはめ込むための溝を彫ります】

これまでは裏板やアクリル板をはめるのに、薄い板を貼って溝を作っていましたね。
「裏板をはめ込むための溝の彫り方」の技術で本格的な額が仕上がります。

前回のトリマー編4でも習得したように、選ぶビットのサイズも少し大き目を選びます。
その理由はもうおわかりでしょうか?

動画の中での生徒役さちこさんは学んだことを忘れず、正しいサイズのトリマービットを選ぶことが出来たのかも見どころです。
45度で組んだ額と、90度で組んだ額では溝の彫り方に違いがあるのですが
この動画では45度で組んだ額の場合の溝の彫り方を説明していきます。
さらに
溝を彫ってから、部材を45度にカットするのか、
部材をカットしてから、溝を彫るのかでは、加工工程が変わってきます。

木工は工夫次第で加工しやすくなり、精度も上がりますし、動画を参考にしながらあなたのやりやすい方法で、工夫をプラスして楽しんでみて下さい。