さちこのおうち木工教室 箱もの編スタート

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN024
公開日2016年3月11日
再生時間10分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワード箱の構造
おうち木工教室第24回。今回から新たに箱もの編がスタートです。箱ものと言うとどのような物を考えられるでしょうか。
まずはどのような物を箱ものと呼ぶかや、部材の名称についてなど基本的なことから始めたいと思います。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
今回からは「箱もの」をテーマにして、様々な木工技術をご紹介していこうと思います。

「箱もの」ってご存知ですか?
箱は箱ですよね、ですが、木工用語でいうと「箱もの」といえば【収納するもの】を意味します。
大きさに関係なく、本棚、靴箱、タンス、キャビネットも、「箱もの」と呼ぶのです。
また「脚もの」といえば、椅子やテーブルのことを呼ぶのです。頭の隅に置いておいてくださいね。

例として、スマイルウッドさんのワークショップの箱もの作品をもとに説明していきます。
今後の動画では「箱もの」の名称がどんどん出てきますのでね、まずは「箱もの編」部材の名称について覚えていきましょう。

一番上に乗る板は「天板」に対して下は「底板(地板)」
両サイドは「側板」「棚板」「裏板(背板)」
と呼びます。

この名称を覚えて、組み立て編に行きましょう。