さちこのおうち木工教室 可動棚作り方 Lesson2

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN033
公開日2016年6月10日
再生時間10分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワード棚の構造
おうち木工教室第33回。今回は可動棚の設計について学びます。
前回作った可動棚は取り外せるだけだったので考えることなく作ることができましたが、ダボなどの金具を使った可動棚を作ろうとするときちんと設計しておかないといけません。
設計の考え方を数回にわたって説明します。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
ダボを取り付けて、可動式の棚を作っていきます。
ダボは、どこに取り付けてもいいということではありません。
ダボを取り付ける前に、どの位置に棚板を取り付けたいかを考えましょう。

次に棚板と、ダボの関係を考えます。
ダボの上に棚板が乗るだけでいいのか、ダボを半分だけ、棚板に埋め込むのか、または完全に棚板に埋め込み、ダボが見えないように隠すのか?
この3パターンで考えるだけでも、棚の位置、ダボの位置は、しっかりと考えて設計する必要があることが分かりますね。ここが本篇の重要な部分です。

次に、側板にダボを埋め込むとき、外側寄りなのか、内側寄りに取り付けるのかを設計します。
あまり内側に寄せてダボを取り付けると、棚板を乗せた時に外側に力がかかると、棚板が動いてしまいますので、出来るだけ外側に取り付けるようにしましょう。