さちこのおうち木工教室 背板の付け方3 棚板との関係

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN038
公開日2016年7月22日
再生時間13分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワード棚の構造 / 背板
おうち木工教室第38回。前回で棚板のない箱に裏板を入れましたが、今回は棚があるときに裏板を入れるとどのように変わってくるかを学びます。
可動棚と固定の棚では、裏板の入れ方や考え方が変わることもあるので、実際に作品を作りながら説明します。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
今回は棚がある場合の背板のつけ方を学びます。
背板が入ると、可動棚と固定棚のサイズや組み立て方法も変わってきますね、

<重要ポイント>
ダボを埋める位置も、墨付け段階で背板との関係を考えて少し前にすることです。
動画の中では図で解説しています。

<見どころ>
動画後半の完成した箱の後ろから見て下さい。
その理由は、背板は一枚にせず、2枚使っています。
1枚にすると薄い背板はたわむこともあるので2枚に分割しているのですが、
真ん中に入る固定棚の上下にトリマーで溝を削って、背板を挟み込んでいる構造だからです。

この方法を覚えたら、本棚にも3段カラーボックスにも応用できますね。