さちこのおうち木工教室 可動棚の作り方 Lesson6 簡単な棚柱の付け方

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN043
公開日2016年9月16日
再生時間10分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワード / 金物 / 墨付け / 棚の構造 / 集塵
おうち木工教室第43回。前回は棚柱と棚受について説明したので、実際に棚柱をつけてみましょう。
今回は簡単な棚柱の付け方をして、次回はトリマーで溝を掘って棚柱を埋め込む方法を学びます。
棚柱を入れる時の墨付けの考え方を覚えてください。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
前回 棚柱はカットせずに使いましょうというお話をしましたね。
ということで今回は棚柱に合わせたいつもよりも大き目の箱物を用意しました。
使用している木材は国産杉(宮崎県産)の材です。

この箱はビスで組んでいるだけなので、見やすいように側板を外して説明していきますね。

棚柱を取り付ける際の墨の付けの詳細図が出てきますが、覚えて頂きたいのは、数字ではなく、「墨の付け方の考え方」です。

可動棚は天板に近い部分や、底板に近い部分には物を入れるシーンというのは滅多にありませんよね、なので、棚柱を上から下までキッチリと取り付けないといけないことはありません。

そして、箱物に引き出しを入れる場合、棚柱をカットしなければならない時も出てくるかと思います。
そんな場合は、上に合わせてカットするのではなく、下をカットするように気を付けましょう。なぜならば、上をカットすると、数ミリのズレが生じる可能性があります、すると、棚板が水平に置けなくなりますね。
なので、カットする場合には下をカットするようにしましょう。