さちこのおうち木工教室 可動棚の作り方 Lesson7 溝を掘って棚柱をつける

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN044
公開日2016年9月23日
再生時間9分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワードトリマー / 金物 / 棚の構造
おうち木工教室第44回。今回はトリマーで溝を掘って棚柱をつけます。トリマーは「ルーターについて4」でやったように集塵をしながら使ってみます。
前回の棚柱の付け方と違い隙間なく棚板が入るようになりました。前回の棚柱の付け方でも隙間のできない方法もあるので覚えてください。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
今回はトリマーで溝を掘り、棚柱を埋め込んで取り付けましょう。
使うビットは、棚柱の幅と厚みに合わせて、幅10ミリのストレートビットを使います。
深さの設定は、3ミリとします。

墨付けも前回と同様です。

「ルーター4」で、集塵機に接続することを学んだので、応用してみます。
集塵機がある時と、無い時の違いが一目瞭然ですよ。

トリマーで溝を掘りますと、角が丸くなるので、鑿や彫刻刀で角を取って下さい。
後は、棚柱を埋め込み、ビスで取り付けて下さい。
短いビスを打つ時に電動ドライバーを使うと、空回りして止まらなくなるため、手締めしてくださいね。

トリマーで溝を掘らず、「簡単な棚柱の取り付け方」の方法で取り付けた時に、棚板に隙間が出来ましたよね、動画の後半では、棚柱に合わせて、棚板を欠いで隙間のない状態で使えるバージョンもご紹介しています。