さちこのおうち木工教室 スライド蝶番ってどんな蝶番?

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN057
公開日2017年2月10日
再生時間9分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワード金物 / スライド蝶番 /
おうち木工教室第57回。今回からスライド蝶番を学びます。角蝶番に比べると構造が複雑で難しそうなので使ったことのないという方も多いと思います。
スライド蝶番には種類があって、それを知らないと扉をつけることができません。まずはスライド蝶番がどのような物かを知ってください。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
「スライド蝶番」ってどんな蝶番なのでしょうか?

ホームセンターでも販売されている「スライド蝶番」
ですが、少し知識が無ければ、取り付けられなかった!という結果になりやすい蝶番なのです。
その理由は「スライド蝶番」の種類にあります。

角蝶番には無かった「種類」とは一体何なのでしょうか?

見た目は同じような「スライド蝶番」でも大きく分けると3種類に分かれます。

① インセット用
② 半かぶせ用
③ 全かぶせ用

インセット用のスライド蝶番を半かぶせの扉に取り付けようと思っても取り付けられないのです。
さらに、キャッチの有り無しにも分かれます。
キャッチとは・・・パタンと自動で閉まる構造のものです。
キャッチがないと、手で閉めるようになります。

さらに、開く角度にも違いがありますので、好みの開き具合を選べます。

さらに、スライド蝶番は座金が別売りとなっています。
*座金とセット販売されているタイプのものもありますが、ネット等では別売りのタイプが多いです。
別売りには理由があるのですが、その話は次回となります。