さちこのおうち木工教室 スライド蝶番ここがすごい!!

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN058
公開日2017年2月17日
再生時間9分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワード金物 / スライド蝶番 /
おうち木工教室第58回。今回も引き続きスライド蝶番です。
角蝶番では難しかった微調整が簡単にできたりとメリットがおおいスライド蝶番。動画を見てこの蝶番を使ってみてください。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
角蝶番ですと、インセット扉もかぶせ扉も対応出来ましたよね。隙間もなく微調整もできます。
スライド蝶番ですと、インセット扉用、かぶせ扉用、と間違えることなく選んで買う必要がありましたね。

今回はスライド蝶番のメリットをご紹介していきます。

メリット①・・・扉の取り外しが簡単である

角蝶番で考えると、ビスを一本ずつ外していく必要がありますね。さらに、微調整をした順番も覚えておかなければいけません。

インセット扉の取り付け微調整を思い出していただきたいのですが、扉を閉めた時に隙間なく取り付けるために、扉を付けたまま、削りましたね。
大きい家具の扉を想像して考えると、扉を取り付けたまま微調整をするのは大変です。
そんな時、スライド蝶番で簡単に取り外せて、すぐに取り付けられるメリットは大きいですね。

メリット②・・・プラスドライバーが1本あれば微調整が簡単である

スライド蝶番には微調整用のネジが3つ付いている機種があります。
3つとは、奥行き、上下、左右、の微調整が可能です。

家具屋さんはキャビネットや大型家具を搬入する際、扉は外して搬入するそうです。なぜならば、加工場では隙間なく仕上がったとしても、現地の状況では床のカザさも違いますので隙間なく新たに取り付けられるとは限らず、微調整ありきで扉の取り付けをするそうです。大型家具は重さもあるため床の影響を受けやすいのですね。
そんな時、角蝶番ですと、大型家具で何枚もの扉がある時は大変ですね。
スライド蝶番ですと取り外しも微調整も簡単に行うことが出来るのです。

メリット③・・・ダンパー機能

パタンと閉まることなく、ゆっくりと自動で閉まる機能もありますので、お子様がいらっしゃるご家庭では指詰めの危険防止のために安心な機能が付いているスライド蝶番もあります。