さちこのおうち木工教室 スライド蝶番 インセットの説明と扉に取り付け

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN061
公開日2017年3月17日
再生時間13分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワード金物 / スライド蝶番 /
おうち木工教室第61回。今回はインセットのスライド蝶番を説明します。
半かぶせ、全かぶせのスライド蝶番はカット量がかぶせ量と関係がありましたが、インセットはカット量が隙間に関係します。知らないと難しいスライド蝶番、ぜひ皆さんも動画を見て挑戦してみてください。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
インセット扉の構造は側板に対して内側に入っていますので、スライド蝶番の取り付けの際、カット量とすき間量の関係性を考えて取り付けます。

動画の中でフリップを用いて説明していますので、確認してくださいね。

もう一つ。「オープンクリアランス」について。

インセット扉の構造上オープンクリアランスについて考えなければなりません。
扉の厚みが15ミリ・・・オープンクリアランスは0
扉の厚みが20ミリ・・・オープンクリアランス0.6必要。
そのため、すき間量を0に合わせてしまうと扉が開かない状態になってしまいます。

動画の後半では実際にインセット扉のスライド蝶番を取り付けてみます。
この回の取り付け方法は座金を取り付けたまま取り付けます。

説明は少し難しかったかと思いますが、取り付けはとても簡単なのでぜひ挑戦してみて下さい。