さちこのおうち木工教室 ストッパーと面取りについて

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN076
公開日2017年6月13日
再生時間12分
カテゴリーさちこのおうち木工教室 / 箱もの
キーワード引き出し
おうち木工教室第76回。今回はストッパーと面取りについてです。
面取りは引き出しの全体を同じようにするわけではなく、大きく取らなければいけないところがあったり、ストッパーも引き出しの構造によって付いたり付かなかったりするので動画を見てどうすればいいかを覚えてください。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
前回に続いて、引き出しを作るうえで大切なことを説明していきます。

① 面取り
面取りは必ずしてください。面取りをしないと、板には角があり、当たると欠けやすくなります。
面取りは組み立てる前の方がやりやすいですが、全ての面に面取りをしてしまうと、してはいけない部分まで面取りしてしまうことも考えられます。
すると出来てほしくない場所に隙間が出来てしまうことにもなりますので、失敗しやすい方は、組んでから面取りをしてください。

② どの場所を一番大きく面取りをするのか?
それは、引き出しを出し入れする時に、どこの部分が一番当たるのかを考えるとわかります。
前板の下の部分、前板の上の部分。なのですが、詳しくは動画の中で確認してみて下さい。

③  ストッパー

ストッパーは引き出しを押さえる役目なので、しっかりボンドとビスで固定してください。
机の引き出しを例に挙げると、天板を取り付ける前にストッパーを取り付ける事は出来ますが、箱になると、ドライバーが入らないシーンもあるかと思います、そのような場合には組む前にストッパーを取り付けるか、ボンドのみでしっかりと圧着させるか考えてみて下さい。