さちこのおうち木工教室 箱もの引き出し編 スライドレールの説明

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-MAIN106
公開日2017年11月14日
再生時間13分
カテゴリー引き出しの技術
キーワードスライドレール / 引き出し
おうち木工教室第106回。今回からスライドレールの付け方を学びます。
まずスライドレールがどのような物があるのか、選ぶときの考え方を動画で覚えてください。

無料ダイジェスト

  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
スライドレールシリーズでは、説明書を見なくてもスライドレールが取り付けられるようになります。

今回は色々な種類のスライドレールのご紹介ですので、どんなタイプがあり、どのような機能があるのかを知って、作品に合ったスライドレールを選べるようになりましょう。

1・長さ

長さは50ミリ単位で選べます。(引き出しの奥行で選びましょう。)

2・価格

低予算のものから高品質で高価格のスライドレールまで様々な種類があります。

3・脱着

脱着が出来るのかというのは、スライドレールを引き出すと、外れるタイプがあります。
脱着が出来ると、本体と、引き出しに、分けて取り付けやすくメリットがあります。

4・スライド量

引き出しがどれくらい引き出せるのか。2段引きと、3段引きがあります。
奥行きのある引き出しを全面引き出して使いたいときにはスライド量の多いものを選びましょう。

5・耐荷重

一番重要なポイントです。
とても大きいもの、重たいものを入れることが決まっているのであれば、耐荷重も選ぶポイントにしましょう。

6・素材

鉄、ステンレス、プラスチックなどがあります。さびにくいものが良ければステンレス製を選ぶようにしましょう。

7・様々な機能

左右が決まっているタイプ
ローラーで動くのか、ベアリングで動くのか?スムーズに動くのはベアリングタイプです。
ビスを横から止めるのと、下から止めるスライドレールもあります。
厚みや高さなどのサイズも様々
ブレーキ機能
ソフトクローズ機能
プッシュオープン機能

一部のみのご紹介ですが、スライドレールにはもっと様々な種類がありますので、作品に合ったスライドレールを選びましょう。