これって何~?6 三角カンとトンボ

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-QA006
公開日2015年9月1日
再生時間9分
カテゴリーその他・技術
キーワード金物
木工にまつわる疑問に答えていく「これって何?」のコーナー。
今回は三角カンとトンボについてです。
どこで売っているのか、どうやってつけるのか。額の必須アイテムについて学びましょう。
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
三角ビラカンとトンボについて説明します。
何かを壁にかけたいときに便利な三角ビラカン。実際額を使って取り付け方を説明します。ひもなどで釣る場合は2つの三角ビラカンを額の中心より上に付けます。
ビスなどに引っ掛ける場合は、上の中心に三角の部分が外に出るようにつけます。
このとき電動ドライバーを使うと微調整が難しいので手で締めてください。ビスのサイズに合ったドライバーを使ってください。

額には裏板が入るのが普通ですが、そのままだと落ちてしまうのでそれを止めるのがトンボです。
サイズの大小や色、素材の種類が樹脂、金属、ステンレスなどいろいろなものがあるので、作られる作品のサイズや色などであったものを使ってください。
トンボをつけるときの注意点
突起がついているものがあるので、そのタイプは突起が裏板にあたる方向でつけてください。
あまり溝に近いほうにつけようとするとビスを打つと気が割れてしまい、遠くにつけると裏板を押さえられなくなります。
ビスも締めすぎるとトンボの動きが硬くなるので締め方で調整する。