教えて先生 「ジグソーについて レッスン3 刃の種類とバリ止ガイド」

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-QA049
公開日2016年11月15日
再生時間10分
カテゴリーその他・技術
キーワードジグソー
視聴者の疑問に答える「教えて先生」のコーナー。今回はジグソーの刃の種類についてです。刃を使い分けることでどのような違いが出るのかを、さちこさんに実践してもらいます。
ジグソーの能力を最大限に活かすためにもぜひ知っておいてください。
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
ジグソーによっては、バリ止めガイドが付いている機種があります。
「バリ止めガイド」というのは、木材をカットした時に端がささくれたようになることを防ぎ、切断面をきれいに仕上げられるパーツのことです。

ボール盤で穴あけ加工をする時、材の下に捨て材を一枚置く工夫も、バリを押さえるためでしたね、その時と同じ考えです。

「刃の種類」ですが、今回の動画では、細かい刃と荒い刃の2種類を使って、切れ味、切り口にどんな結果が出るのか、実演します。

結果の違いが分かりやすいように、「バリ止めガイド」なし、オービタル機能無し、でカットしていきます。
切り口のアップが見れますので、注目して見て下さいね。
安全にジグソーを使うために、刃の交換時は必ず、コンセントは抜いておきましょう。

最後に、曲線切りを体験します。

かなりの急カーブをカットしていくのですが、曲線切り用の刃を取り付けて実演します。
ジグソーで上手くカットしていくコツは、ジグソープレートを材に密着させて進めていくことです。
プレートが片方離れていたり浮いていたりすると、角度が付いてしまったり、失敗のもとです。
墨線ばかりに気を取られて進めていくと、プレートが浮きやすくなります、刃に無理がかかると、焦げ付いたり、折れたりする原因にもなりますので、加工によって刃の種類を変えて、プレートを材から離れないように、ゆっくりとジグソーを進めていくことを念頭において、加工してみて下さい。