教えて先生 「サンダについて 電気やすりについて」

バックナンバー購入後、視聴できます
バックナンバーはマイページよりご購入頂けます
品番WD-QA053
公開日2016年12月20日
再生時間9分
カテゴリーその他・技術
キーワードサンダー / 電気やすり / ディスクサンダー / スピンドルサンダー
視聴者の疑問に答える「教えて先生」のコーナー。今回は電気やすりの使い方です。手持ちサンダーで削れないようなところも削れる電気やすり。削る力も強く役に立つサンダーです。
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...
サンダの紹介編でも登場した電気ヤスリについて詳しく解説していきます。
「電気ヤスリ」は隙間を研磨することが得意な電動工具です。

<隙間・・・どんなシチュエーションでしょうか?>

事例として枝を用意しました。
枝の狭い隙間(内側の角)や手持ちサンダでは研磨できない平坦ではない部分、枝の曲線部分、丸い表面を研磨するには電気ヤスリが向いています。

<取り付けるペーパー>

一般的な紙ヤスリをカットして取り付けることは出来ません、
電気ヤスリ専用のベルト式のペーパーを取り付けて下さい。
番手も荒いものから細かいものまで揃っていますので、使い分けが出来ます。

<電気ヤスリにしかない2つの機能>

① ヘッド部分の角度を変えることが出来る。

狭いところや丸い表面を削るのでヘッド部分の角度が変えられると作業がしやすくなります。

②  速度調整が付いている。

電気ヤスリは木工以外にも鉄工にも使われます。鉄工の場合は速度が高速のままだと焦げてしまうので、速度調整機能が付いています。

動画では実際に枝の表皮を研磨してみます。
枝の隙間にも、ヘッドの角度を変えて、作業します。

手ヤスリでは枝の表皮を研磨することはなかなかですが、電気ヤスリならあっという間に研磨できてしまいます。