教室で墨付けに欠かせないケガキゲージ!

品番WD-YTUBE066
公開日2017年12月9日
再生時間12分
カテゴリー墨付け技術
キーワードケガキゲージ
今回は三重県の男性の方から「最近毛引きの線が見えにくく、加工に苦労しています。教室では生徒さんはどうしていますか?」
という質問をいただきました。

墨付けがきちんとしていても線が見えないのではちゃんと加工ができないですよね。
プロが墨付けに白柿(しらがき)や毛引き(けびき)という線を引くための刃物を使います。
刃物を使うのはなるべく細い線を引くためですが、線が見えにくいという声も教室ではよく聞きます。

そんなときにうちの教室で活躍しているのが「ケガキゲージ」という道具です。
ケガキゲージがあれば墨付けや線を見るときの苦労が減ります。
教室でも不可欠となっているこの道具。どのようなものか動画で確認してみてください。

この技術動画はYoutubeでご覧頂けます。
  • ...
  • ...
  • ...
  • ...